viewの定義情報をダンプ

mysqldumpで、viewの定義情報をダンプするコマンドを解説する。

コマンド

コマンドは下記のとおりである。

具体例

少し具体的に書こう。DB情報等が下記であったとする。

項目
DBユーザ名 pudding
DBパスワード qwerty123456
DB名 zipcode
view名 v_t_price
(ダンプファイル名) v_t_price.sql

このDB情報等を反映すると、下記のように書くことになる。

出力

出力は以下のようになる。viewなので、viewの定義情報のみ出力されている。viewをselectした時のデータは出力されない。なお、下記ダンプの内容は多くがコメントアウトされているが、これは「拡張コメント」という。MySQLのバージョンを判定してうまいことインポートできるように吐き出されている。コメントに見えるがコメントではないということだ。

用途

用途としては、単純にviewの移行だ。どちらかというと、データをエクスポートしたかったのに、この構文で定義情報をエクスポートしてしまってイラっとする場面が多いと思われる。viewのselect結果をCSV出力したい場合はviewの結果データをCSV出力を参照のこと。

view関連


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください