完全なinsert文をダンプ

mysqldumpで、完全なinsert文をダンプするコマンドを解説する。通常、mysqldumpでは、insert文にはカラム名が出力されず、簡略化されたinsert文が作成される。一方、この「完全なinsert文」では、カラム名が出力される。

コマンド

コマンドは下記のとおりである。 –complete-insertがポイントだ。

具体例

少し具体的に書こう。DB情報等が下記であったとする。

項目
DBユーザ名 pudding
DBパスワード qwerty123456
DB名 zipcode
ダンプファイル名 complete-insert.sql

このDB情報等を反映すると、下記のように書くことになる。

出力

出力は以下のようになる。見ると分かる通り、insert文にカラム名が出力されている。

用途

用途としては、複数環境間のデータ移行であろう。例えば、新規機能開発中の開発環境へ本番環境のデータを流し込む際、開発環境側ではテーブルのカラムが追加されている可能性がある。完全なinsert文を出力&インポートすれば、カラムの追加が発生していても、insert文はエラーなく実行できる。

INSERT文のカスタム

開発・環境移行


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください